hiv/エイズ

【不治の病】日本におけるエイズの現状とhiv感染率

更新日:

SnapCrab_NoName_2015-6-27_16-41-10_No-00

性病の中でも特に恐い病気の一つに挙げられるのがエイズです。エイズになると決して完治させることはできないので、hiv感染してしまわないように注意する必要があります。

ここではまずhivの感染状況や感染率について、現状でどうなっているのかを確認していきましょう。

 

日本でのhiv感染状況について

2012年新規HIV感染者数・新規エイズ患者数によれば、新規hiv感染者数が1002件、新規エイズ患者数は447件、合計1449件となっています。

日本では2007年ごろまで新規の感染者数が増加傾向を示していましたが、現在は横ばいとなっています。

ただし、合計で2万件を突破するHIV感染者・エイズ患者の合計があり、なおかつHIV感染したのにそれに気づいていない人も含まれば、実際にはもっと多くカウントすることができるでしょう。

このようなことから、日本におけるエイズの感染者数は増えており、それに伴って感染率も高くなっているといえます。

 

hiv感染の原因は?

SnapCrab_NoName_2015-6-27_19-57-31_No-00

hivの感染原因の割合についても見ておきましょう。日本の場合は、男から男、女から女など、同性間の性交による感染が一番多く、それだけで60%異常を占めています。

次いで、男から女、女から男、異性間の性交による感染が多く、こちらが20%を占めます。

この後に続くのが原因不明の10%程度、さらに「その他」が3%ほどです。日本のおける特長としては、同性愛者じゃない日本人男性の感染率が0.005%程度だといわれているので、それをベースに考えると、男性同性愛者の感染率がとても高いことが分かります。

 

男女での感染率

SnapCrab_NoName_2015-6-27_20-1-0_No-00

男性と女性の感染を比べた場合、男性よりも女性のほうが感染率が低いという結果が出ています。

それを示すのが、2012年度新規HIV感染・エイズ患者ですが、ここでは男性234件であるのに対して、女性は60件となっています。

本来は女性のほうがHIVに感染しやすいのですが、日本では女性の感染率が低いという結果になっています。

 

1回あたりの感染率は?

SnapCrab_NoName_2015-6-27_20-3-3_No-00

針刺し事故や性行為による1回あたりの感染率はどうでしょうか?針刺し事故について、B型肝炎ウイルス、C型肝炎ウイルスと比べた場合、B型肝炎ウイルスが30%、C型肝炎ウイルスが2~3%であるのに対して、hivは0.3%になっています。

このことから、HIVそのものは非常に感染力の弱いウイルスであるといえます。

針刺し事故においても、性行為においても、hivの1回あたりの感染率は低いのが特長です。


関連記事


性病検査キット!自宅で簡単に性病検査しよう

-hiv/エイズ

Copyright© 性病の症状と治療する方法30選 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.