カンジダ

ヨーグルトの乳酸菌が効く!カンジダ再発を食いとめる食品

更新日:

SnapCrab_NoName_2015-6-28_9-30-13_No-00

性感染症の中でも特に再発を繰り返しやすいといわれているのがカンジダです。

再発しないようにするためには、体を強くして免疫力をアップさせなければなりませんが、そのためには食品にも注意しなければなりません。

今回はそうしたカンジダ菌の増殖を防ぐ役割をもつ食品についてご紹介します。

 

ヨーグルトの乳酸菌がカンジダに効く

SnapCrab_NoName_2015-6-28_9-46-26_No-00

カンジダの再発を許さないためには、真菌の増殖の原因を根元から断つ必要があります。

真菌が増殖するのはなぜでしょうか?それは女性であれば膣内の酸性度がバランスを崩しているからです。

もっと分かりやすくいえば、酸性が失われて真菌が増殖しやすい環境になってしまってるのです。

よって、この状態を元に戻して酸性度を復活させることができれば、増殖を食い止めることができます。

膣内の酸性度を高めるためには、乳酸菌の補給が必要です。乳酸菌といえばヨーグルトから豊富に取ることができますが、まさしくヨーグルトはカンジダ再発を食い止めるための心強い味方です。

ヨーグルトを取れば豊富な乳酸菌を取り込むことになり、それによって膣内は酸性となり、真菌の増殖から守ってくれます。

したがってカンジダ症の再発を繰り返す方は、ぜひともヨーグルトを積極的に摂るようにしましょう。

 

加熱処理されていないチーズもいい

SnapCrab_NoName_2015-6-28_9-51-20_No-00

ヨーグルト以外で補給方法を考えるなら、チーズを食べるのも有効です。チーズには加熱処理されたものとされていないものがありますが、このうち加熱処理されていないものが乳酸菌補給には有効です。

 

その他のカンジダに効く食品

SnapCrab_NoName_2015-6-28_9-50-5_No-00

他に乳酸菌が補給できる食品には、ぬか漬け、キムチ、味噌などもあります。

キムチに乳酸菌といえばあまり聞いたことがないかもしれませんが、実はヨーグルトに匹敵するほど豊富に含んでいます。

またぬか漬けは植物性ですが、こちらは新鮮に生きたまま腸に届くことで知られています。

 

摂取するタイミングに注意すること

SnapCrab_NoName_2015-6-28_9-40-5_No-00

ヨーグルトなど乳酸菌を摂るときは、吸収性を良くするために摂取するタイミングにも注意しなければなりません。

例えば、ヨーグルトは満腹の時に食べるのを避けて、できるだけ空腹時に摂るようにしたほうがいいでしょう。

これは、空腹時のほうが他の食べ物に邪魔されず集中して吸収することができるからです。

また、時間帯としては寝る前よりも日中に摂るようにしましょう。なぜなら、寝る前は消化吸収力が落ちて吸収性悪いからです。

日中なら消化吸収がいいので、効率よくまたしっかりと吸収することができます。


関連記事


性病検査キット!自宅で簡単に性病検査しよう

-カンジダ

Copyright© 性病の症状と治療する方法30選 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.