カンジダ

性行為のみが原因じゃない!カンジダの感染原因と予防対策

更新日:

 

SnapCrab_NoName_2015-6-28_9-59-27_No-00

カンジダといえばとても有名なので誰でもよく知ってる病気だと思われるかもしれません。

しかし誤解されてる面も多く、実際の性質とは違った理解をしてる人も少なくありません。

ここではカンジダの誤解されている点について、特に感染という部分にスポットを当てて解説していきます。

 

カンジダとはなにか

SnapCrab_NoName_2015-6-28_10-0-55_No-00

まずカンジダとは何か、概要をおさらいしておきましょう。カンジダはカビ・真菌の一種で、男性でも女性でも、性器周辺や体表に存在している常在菌です。

人間がもとから体内にもっているカビなので、人から伝染する性質のものではありません。

カンジダ症などの病気は、この常在菌が大量に増殖することによって発症します。

 

感染経路は性行為だけではない

SnapCrab_NoName_2015-6-28_10-2-33_No-00

一番よくある誤解は、カンジダ症が性行為によってのみ伝染する性感染症だと思われていることです。

確かに厳密には性感染症に該当する病気ではありますが、その感染経路は性行為だけに限られるものではありません。

むしろその原因の多くは、自分がもってる常在菌の大量増殖であって、性行為のみに依存しないのがこの病気の特長です。

よって、性行為に注意しておけば心配ないと思うのは誤った認識であり、性行為感染に加えて、常在菌が大量増殖してしまう原因に注意を向けなければなりません。

 

カンジダ発症の原因

SnapCrab_NoName_2015-6-28_10-9-44_No-00

カンジダ症について、発症の原因について確認しておきましょう。すでに述べたとおり、真菌は性行為によって伝染することはありますが、体内において真菌が大量増殖することのほうが直接的な発症原因となります。

よって、人から感染することよりも、体内で異常増殖してしまう原因こそが、真の発症の原因といえるでしょう。

真菌が異常増殖してしまう理由には、さまざまなものがあります。風邪、疲労、寝不足などによる免疫力の低下、糖尿病、抗生物質の投与、ステロイド使用、圧迫の強い下着の着用、妊娠などです。

ポイントは、体力を奪われることと免疫力ダウンですが、こうした事態を招く行為や生活習慣こそが、発症の原因となっています。

 

カンジダの予防対策

SnapCrab_NoName_2015-6-28_10-7-10_No-00

ここまで見て分かるように、カンジダ症を引き起こす要因は、免疫力低下による常在菌の異常な増殖です。

一方で、性行為による感染もないわけではありません。よって予防対策としては、自分自身の免疫力を低下させないようにすること、そして性的接触による感染を防ぐことです。

繰り返しになりますが、この病気は性感染症に該当するとはいえ、性行為だけが発症原因になるわけではないことに注意が必要です。


関連記事


性病検査キット!自宅で簡単に性病検査しよう

-カンジダ

Copyright© 性病の症状と治療する方法30選 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.