カンジダ

セックスしてなくても要注意!カンジダ膣炎の原因と特徴

更新日:

SnapCrab_NoName_2015-6-28_18-8-24_No-00

性行為がまったくないから自分は性感染症になる心配がないと安心してる人もいるかもしれません。

確かに性感染症は性行為がなければ安心ですが、感染症そのものにはカンジダ膣炎のように、性交渉がなくても発病するものもあります。

ここではそんなカンジダ膣炎について特長を解説します。

 

カンジダ膣炎とは

SnapCrab_NoName_2015-6-28_18-10-26_No-00

この病気は実は非常にポピュラーな感染症の一つで、女性なら誰でも起こりうる病気でもあります。

膣内にカンジダという常在菌が住んでおり、これは女性なら誰でももっていますが、この真菌が異常に増殖することによって発症する病気、それがカンジダ膣炎です。

性交経験のない人にも発症するのがこの病気の特長で、自分自身の体力や免疫力低下が原因で発病します。

主な症状には、外陰部のいたみとかゆみ、おりものの異常などがあります。

 

カンジダ膣炎は誰でも起こりうる

SnapCrab_NoName_2015-6-28_18-12-15_No-00

特定の人だけに起こる病気ではないことも覚えておきましょう。

この病気はもともと、常在しているカンジダという真菌が異常増殖することによって引き起こされるものですが、この真菌自体は誰の膣内にも存在しているのです。

よって、条件が整えばだれでも発症する可能性のある感染症なのです。

常在菌が膣内に住んでることについては、女性のおりものからカンジダ菌が見つかることからも明らかです。

 

性行為がなくても発症する

SnapCrab_NoName_2015-6-28_18-14-6_No-00

カンジダ膣炎症は感染症ではありますが、性感染症とは異なります。

すなわち、性感染症は性行為によって細菌やウイルスに感染することで発病しますが、この病気に性行為は関係なく、自身の体力消耗などによって発症します。

人からの感染ではなく、自身でもっている真菌が種々の要因により異常増殖することによって起きる病気なので、性行為がなくても発病します。

 

原因は体力・免疫力の低下から

SnapCrab_NoName_2015-6-28_18-15-28_No-00

発症の原因は、体力と免疫力の低下がメインです。生活においては疲労が重なったり、睡眠不足になったり、ストレスが蓄積することによって体力消耗と免疫力ダウンを招きます。

また他にも、妊娠することによって体力を消耗させたり、別の病気で使用した抗生物質の服用によって免疫力を低下させてしまうこともあります。

抗生物質の場合は、服用を続けることで免疫力を低下させ、それによって膣内の善玉菌が除菌されてしまうのが原因になります。

善玉菌が必要以上に消されてしまうと、カンジダの勢力が優位になり、異常増殖して発症します。

カンジダという真菌は空気中にも存在しており、人から伝染するという類のものではありません。


関連記事


性病検査キット!自宅で簡単に性病検査しよう

-カンジダ

Copyright© 性病の症状と治療する方法30選 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.