コンジローマ

免疫力の強化がカギ!コンジローマを完治させる治療方法

更新日:

SnapCrab_NoName_2015-6-29_10-28-28_No-00

尖圭コンジローマの恐いところは、一度治療で治してもそのまま安心できないことです。

なぜならこの病気は再発しやすいからです。一度治してもまたすぐに再発する可能性があるので、油断せず徹底的に完治させることが大事です。

今回はそんなコンジローマの特長と治療法についてお伝えします。

 

コンジローマの特長

SnapCrab_NoName_2015-6-29_10-29-50_No-00

コンジローマはウイルスが感染することで起こる性病の一種です。尖圭コンジローマなどですっかりおなじみのこの病気は、人間の免疫力に左右されやすい特長をもっています。

つまり、人間の免疫力が強ければ発症しづらく、免疫力が弱ければ定着しやすいということです。

ヒト・パピローマウイルス(HPV)というウイルスそのものは、元来人間のウイルスに定着しにくいものです。

 

コンジローマは自然治癒できる?

SnapCrab_NoName_2015-6-29_10-31-6_No-00

自然治癒については、できるといえばできるといえます。コンジローマは人間の免疫力に進行が左右されるので、免疫力を強化することができれば自然治癒により完治できる可能性はあります。

また、仮にウイルスに感染しても、免疫の強い人ならそのまま消えてイボにならないこともあります。

一方、全ての人が自然治癒で完治するわけではなく、割合では全体の20~30%にとどまります。

 

コンジローマの治療方法

SnapCrab_NoName_2015-6-29_10-33-23_No-00

再発しやすいコンジローマは早めに治療を行って完治させておくのが一番です。

その治療方法は大きく分けて2種類があります。一つは電気メスによる切除、もう一つは塗り薬の塗布です。

電気メスによる切除は、イボを根本から取り除くことができ、なおかつ治療時間を短縮できるメリットがあります。

塗り薬の塗布は、患者の負担は少ないものの、治療時間に長くかかり、しかも治りづらいという特長があります。

ちなみに再発しやすいコンジローマの場合、イボがなくなり症状が消えても、完治判断はその後しばらくしてから行われます。

 

治療せず放置したままだと…

SnapCrab_NoName_2015-6-29_10-37-1_No-00

あまり重い症状がないので、コンジローマをそのまま放置する人もいるかもしれません。

しかしこれは危険なことだといわなければなりません。コンジローマはそのまま放置するとイボの数が増えたり大きさが拡大したりする可能性があり、悪性型のHPVだった場合は、そのままにしておくと「陰茎がん」や「子宮頸がん」の原因を作ることもあります。

自然治癒は可能であるとしても、基本的には症状が見つかったらすぐに早期治療するのが望ましいといえます。

逆に治療は比較的簡単に行うことができるので、医療機関を受診しづらいという要素もありません。


関連記事


性病検査キット!自宅で簡単に性病検査しよう

-コンジローマ

Copyright© 性病の症状と治療する方法30選 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.