コンジローマ

【性病の知識】なぜ発症するの?コンジローマの原因と対処法

更新日:

SnapCrab_NoName_2015-6-29_10-44-10_No-00

名前は聞いたことあるけど、どんな性病かいまいちよく分かってない。コンジローマはまさにそんな病気の一つといえます。

性病のなかではわりとメジャーな病気の一つではありますが、なぜ発症するのか、その原因を知らない人は意外に少なくありません。

そこで今回は、知ってるようで知らないコンジローマについて、その原因と対処法を解説します。

 

コンジローマ発症の原因は?

SnapCrab_NoName_2015-6-29_10-45-39_No-00

発症の原因は、ヒト・パピローマウイルス(HPV)というウイルスに感染することです。

感染すると性器や肛門などにイボ状の症状が出ますが、その現れをもって発症します。

HPV自体は約100種類のタイプがあるといわれ、尖圭コンジローマを引き起こすのはそのうちの一部です。

人間のみに感染するのが特長で、イボだけではなく、子宮頸がんや男性の陰茎癌などにも関わっているとされています。

 

コンジローマの感染経路は?

SnapCrab_NoName_2015-6-29_10-47-40_No-00

感染経路は性器結合が主ですが、性器結合以外にも感染経路になりうるものがあります。

例えば、手を使った性行為や、性行為がなくても手指を介して感染することもあります。

また、乳児においては分娩時のいわゆる垂直感染によって発症することもあります。

そもそも潜伏期間が長期にわたることもおおいので、感染経路自体を特定できないことも珍しくありません。

 

コンジローマの症状は?

SnapCrab_NoName_2015-6-29_10-48-55_No-00

コンジローマの症状の特長は、性器や肛門周囲にできる様々な形のイボです。

黒っぽい茶色、白、ピンクなど、いろいろな形と色のイボができて、日々成長していきます。

形はギザギザに尖っているのが特長ですが、人によってまったく尖っていないイボができることもあります。

大きさもさまざまですが、なかにはカリフラワー並みに大きく拡大することもあります。

 

コンジローマの対処法は?

SnapCrab_NoName_2015-6-29_10-50-39_No-00

症状が出たらまず病院で検査を行います。検査の結果感染が分かったら、ただちに治療を行う必要があります。

治療はイボを切除したりウイルスを消滅させていくことですが、イボの切除に関しては、電気メスによる電気焼灼、レーザー、凍結治療などが用いられます。

外科手術以外では塗り薬による治療もありますが、この場合は完治までに時間がかかるので、根気よく治療を行い続ける必要があります。

実は薬を使った治療は治りづらいといわれており、塗り薬を選んだ人でも、のち電気メスで切除する人が少なくありません。

予防はとにかくウイルスの感染経路を断つことです。とりわけ性行為における避妊具の使用を徹底させること、また手指による性行為や接触にも注意してください。


関連記事


性病検査キット!自宅で簡単に性病検査しよう

-コンジローマ

Copyright© 性病の症状と治療する方法30選 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.