性病の基礎知識

性病は原因を知ることが重要!感染経路と基礎知識

更新日:

SnapCrab_NoName_2015-6-30_17-7-52_No-00

性病にならないようにするためには、その原因をよく理解しておくことが大切です。

性病の原因は一つではありませんので、あらかじめどんなものがあるかをチェックしておきましょう。

ここでは、性病の種類、感染経路も含めて基礎的な知識を解説していきます。

 

性病にはどんな種類があるの?

SnapCrab_NoName_2015-6-30_17-9-59_No-00

性病と一口に言っても、種類はさまざまです。まず原因を知る前に、どんな性病があるのかを確認しておきましょう。

よく耳にするところでは、クラミジア、淋病、性器ヘルペス、尖形コンジローマ、膣トリコモナス症、膣カンジダ症、梅毒などがあります。

さらには、アメーバ赤痢症、B型肝炎、HIV感染症など、より症状が深刻になるものもあります。

 

どうして性病になるの?

SnapCrab_NoName_2015-6-30_17-11-38_No-00

どうして性病になるのか、その原因はとてもシンプルです。性行為を行うことで、男性から女性へ、あるいは女性から男性へ、細菌、原虫、カビ、ウイルスなどが感染することで発病します。

細菌に感染した時点では、症状も軽く何も起こりませんが、それが進行することによって免疫機能を低下させ、あるいは症状を悪化させることによって性病になります。

病気によっては、それ自体は大したことがなくても、免疫力が弱くなることで別の性感染症になってしまうこともあります。

性病そのものは細菌等に感染することが問題ですが、症状を悪化させる要因としては、不衛生な状態を続けること、女性の場合は不潔なタンポンやナプキンを使用しつづけることも発生要因となります。

 

2種類の性行為

SnapCrab_NoName_2015-6-30_17-12-58_No-00

性病の感染経路となるのは男女の性行為ですが、この性行為には2種類があり、そのどちらも経路になりえます。

一つの経路は、性器の挿入行為がある性行為です。この場合は性器結合があるため、性器を媒介として、すでに感染している人間の精液や血液から、相手の性器や粘膜に感染します。

これが第一の経路となりますが、性行為は挿入行為だけではないことに注意が必要です。

 

性器結合以外でも感染する

SnapCrab_NoName_2015-6-30_17-14-8_No-00

セックスといえば性器結合だけを思い浮かべるかもしれませんが、それ以外の性行為もあります。

それは例えば、オーラルセックスやアナルセックスです。これらの性行為では性器結合はありませんが、立派に感染経路となります。

具体的には、フェラチオやクンニなどによる、口、喉、肛門への感染です。ともすれば気楽に行為に及びがちなオーラルセックスですが、このように立派に感染経路になりうることを知っておきましょう。

感染防止に有効なのは、避妊具を使用すること、無症状でも安心しないことです。


関連記事


性病検査キット!自宅で簡単に性病検査しよう

-性病の基礎知識

Copyright© 性病の症状と治療する方法30選 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.