梅毒

【性病について】梅毒とはどんな症状がでる病気か?

投稿日:

SnapCrab_NoName_2015-7-2_10-56-28_No-00

梅毒といえば、梅毒トレポネーマが原因で発症する性病の一つで、昔からよく知られた性病を代表する存在の一つです。

梅毒において注意が必要なのは、感染後、進行度合いによって症状が変化していくことです。

進行は第1期から第4期までに分けられますが、それぞれの期間においてどんな症状が出るのかを調べておきましょう。

 

第1潜伏期の症状

SnapCrab_NoName_2015-7-2_10-57-20_No-00

第1期では、痛みはないものの、脚の付け根にあるリンパ節が腫れるようになります。

そして、性器には直径1センチ程度のしこりやブツブツが発生することもありますが、これらは初期症状の特長です。

一方、第1潜伏期においては、感染後3週間ほどは症状が出ないのが一般的です。

 

第2潜伏期

SnapCrab_NoName_2015-7-2_10-58-14_No-00

第2期に入ると徐々に症状が広がっていき、頭部の脱毛、口腔内の粘膜斑、性器にはぶつぶつ、梅毒性バラ疹も全身に現れます。

第2期は感染から3ヶ月後のところで、この時期は最も感染力の強い時期です。また全身に病原体が拡大していく時期でもあります。

 

第3潜伏期

SnapCrab_NoName_2015-7-2_10-59-33_No-00

第3時期の特長は、梅毒の感染力が弱まっていくことです。とはいえ症状としては、全身に硬い「結節性梅毒ゴム腫」ができ、それができるたびに瘢痕を残すようになります。

実は症状自体は何もしなくても自然に消えていきますが、結節性梅毒ゴム腫による瘢痕のため、外見はどんどん見苦しくなっていきます。

なお感染力は弱まっていくため、他人に梅毒を移す確率は一気に低くなっていきます。

 

第4潜伏期

SnapCrab_NoName_2015-7-2_11-1-24_No-00

一番怖いのは、最も感染が進んだ時期となる第4潜伏期でしょう。第1期から第3期まではまだ症状も軽く余裕もありましたが、第4時期に入るとそんな余裕はなくなります。

この時期になると病変が全身あちことに広がるようになり、体の中でもかなり重要な器官に支障をきたすようになります。

心臓、神経、血管、目などに重い障害が出るようになり、歩行が困難になったり、痴呆になったり、いずれは死に至ることになります。

ここまで進行すると大変なことになるので、ここまでに至らないように早めに処置すること、また予防することが大切です。

ちなみに梅毒の治療は、内服と注射療法がありますが、早期発見の場合なら内服だけで治すことができます。

検査には、免疫血清検査と病原体を検出する検査がありますが、通常は免疫血清検査が行われます。

梅毒の予防については、理想は性行為をまったく行わないことですが、行う場合は必ず避妊具を使用することです。


関連記事


性病検査キット!自宅で簡単に性病検査しよう

-梅毒

Copyright© 性病の症状と治療する方法30選 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.