疥癬

【皮膚の感染症】家族が疥癬になった時に感染予防するには

投稿日:

SnapCrab_NoName_2015-7-2_11-58-13_No-00

疥癬といえば皮膚の感染症であり、ただちに命に関わる病気ではありませんが、原因ダニを人にうつしてしまう可能性があるので、感染しないよう注意しなければなりません。

ここでは疥癬に感染しないようにするための予防法についてお伝えします。

 

疥癬の感染経路は2つ

SnapCrab_NoName_2015-7-2_11-59-47_No-00

疥癬を効果的に予防するためには、どのように人にうつるのか、感染経路を知っておかなければなりません。

疥癬の感染経路は大きく分けて2つのルートがあります。一つは皮膚と皮膚が接触することによって感染する場合と、寝具や衣類など共用品を通じて感染する場合です。

この二つの感染経路を覚えておけば、おのずと予防方法についても分かってきます。

 

疥癬の効果的な予防方法

SnapCrab_NoName_2015-7-2_12-1-33_No-00

まず、疥癬に類似した皮膚病もあるため皮膚科で検査を行ってはっきりさせておくことが大事です。

普段の生活では、手洗いをいつも十分に行うこと、角化型の場合はできるだけ個室を利用して、使う日用品も全て自分専用にすることです。

使用する寝具やパジャマなどは毎日洗って、しっかりと乾燥させることが必要です。

乾燥させた後は、さらに日干ししてから使用するようにしてください。こうした予防法を実践することによるヒゼンダニの感染を防ぐことができます。

 

タイプ別の予防方法

SnapCrab_NoName_2015-7-2_12-2-41_No-00

疥癬といっても、通常型と角化型があり、それぞれのタイプによって予防の注意点は異なります。

通常型では、毎日使用するもの、身につけるものを清潔することが大切です。

下着、パジャマを毎日交換することはもちろん、タオルなど肌に直接触れるものは他人と共用しないこと、入浴では外陰部、手、足などを入念に洗うことも大切です。

角化型の場合は、パジャマなど着るものを毎日交換することに加えて、家族など共同生活においては入浴を一番最後にすること、入浴時に角質やかさぶたが飛び散らないよう注意する必要があります。

 

家族が注意しなければならないこと

SnapCrab_NoName_2015-7-2_12-3-31_No-00

疥癬の予防においては、周囲の家族が注意しなければならないこともあります。

例えば、疥癬と診断された家族がいたら、その家族との皮膚的な接触を避けること、また衣類やタオルの共用を避けることができます。

万が一家族が角化型疥癬になったときは、周囲の家族も予防的治療が必要になる場合もあります。

疥癬は命に関わるものではありませんが、一つの集団内で蔓延するとそれを抑止するのに大変な苦労を要します。

よって集団感染が起こらないよう、一人の感染者が出た時点で、周囲にいる全員が予防に努めて感染を拡大させないようにしなければなりません。


関連記事


性病検査キット!自宅で簡単に性病検査しよう

-疥癬

Copyright© 性病の症状と治療する方法30選 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.