hiv/エイズ

【エイズの知識】hiv検査で陽性が出た場合の対処法

投稿日:

SnapCrab_NoName_2015-7-2_12-14-41_No-00

もしかしたらhivに感染したかもしれない。そう思ったら、ただちに検査を受けて本当に感染したかどうかをはっきりさせるべきです。

なぜなら、hivをそのままにしておくと、いずれエイズを発症させてしまうからです。

ここでは感染を確かめるためのチェック方法と対処法についてご紹介します。

 

hivの検査方法

SnapCrab_NoName_2015-7-2_12-16-29_No-00

hiv検査とはhivに感染したかどうかを調べることですが、この方法には数種類があります。

それは、抗体検査、核酸増幅検査、抗原検査、抗原抗体同時検査です。それぞれ特長が異なるので事前に確認しておきましょう。

最も通常的な方法は抗体検査ですが、これはHIVに対する抗体が血液中にあるかどうかを調べるためのチェック方法です。

核酸増幅検査は、ウイルス遺伝子についてhivが増え始めた段階で調べることが可能で、感染を早い時期に見つけることができます。

抗原検査はHIVを構成するタンパク質を調べるためのもの、抗原抗体同時検査は、文字通り抗体と抗原を一緒に測定できるチェック方法のことです。

 

hiv感染テストの流れ

SnapCrab_NoName_2015-7-2_12-19-6_No-00

感染テストの流れは、まず初めにスクリーニングチェックから行われます。ここで陰性ならHIV検査陰性と判断されますが、陽性であればそのまま確認検査が行われます。

確認テストでもやはり陽性が出れば、HIV感染が確定されます。ここでポイントになるのは、スクリーニングチェックで陽性と出ても、それが最終結果にならないことです。

なぜなら、HIVに感染していないにもかかわらず、実際には非特異反応によって陽性となってしまう場合もあるからです。

ゆえに、確認テストは必ず行わなければなりません。

 

チェックを受けるには

SnapCrab_NoName_2015-7-2_12-17-28_No-00

hiv検査をどこで受けるかについてですが、チェックは保健所であれば全国ほとんどの場所で、また各地方自治体が設ける相談室などの特設施設でも受けることができます。

チェックは基本的に無料、しかも匿名で受けることもできます。医療機関でもチェックはできますが、その場合は有料となります。

 

hivの治療法と対処法

SnapCrab_NoName_2015-7-2_12-20-1_No-00

hivテストの結果、陽性と出ても絶望してしまう必要はまったくありません。なぜなら、エイズ発症前のhiv感染状態のままであれば、生活に支障はないからです。

そのまま放置してすればエイズが発症して問題がありますが、進行を抑えるための治療を行えばそのままの生活が行えますし、また死ぬこともありません。

治療法は、抗HIV薬を服用、それによって体内のウイルス増殖を抑え免疫力が低下しないよう維持していきます。

内服薬には、侵入阻害薬、インテグラーゼ阻害剤、プロテアーゼ阻害剤などがあります。

ちなみに、すでにエイズを発症していても抗HIV薬による治療を行えば、hiv感染の状態にまで回復させることができます。


関連記事


性病検査キット!自宅で簡単に性病検査しよう

-hiv/エイズ

Copyright© 性病の症状と治療する方法30選 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.