性病の基礎知識

【性病の基礎知識】性病の潜伏期間は男女によって異なる

投稿日:

SnapCrab_NoName_2015-7-2_12-27-8_No-00

男女の別なく、性病に適切に向き合って対処するためには、前もって基礎知識を学んでおく必要があります。

性病の知識として学んでおきたい点の一つには、潜伏期間があります。潜伏期間は男女によって違いがありますので、それぞれ発症までにどのぐらいの期間があるのかを知っておきましょう。

 

男性の場合

SnapCrab_NoName_2015-7-2_12-28-0_No-00

男性の場合、クラミジアで1~3週間の潜伏期間があります。症状の特長は尿道の違和感、分泌物などです。

淋病では、2日~4日の期間があり、症状では排尿時の痛み、尿道からの膿等が見られます。

雑菌性尿道炎では、2日~5週間の潜伏があり、尿道の違和感、分泌物などの症状が出ます。

トリコモナスでは、数日~数週間、無症状が多く、軽い尿道炎に見舞われることもあります。

カンジダ性亀頭包皮炎症では、1日~7日、かゆみ、性器に白いカスなどが出ます。

 

女性の場合

SnapCrab_NoName_2015-7-2_12-28-43_No-00

女性の場合は、クラミジアで1~3週間、オリモノ異常、不正出血などの症状があります。

淋菌感染症では、1~3週間、不正出血、オリモノ異常がでます。

トリコモナスでは、数日~1ヵ月潜伏、症状にはオリモノの悪臭などが起こります。

カンジダ膣炎では、1日~7日の潜伏があり、かゆみ、粥状のオリモノが発生します。

 

男女共通の場合

SnapCrab_NoName_2015-7-2_12-29-28_No-00

男女共通の場合では、咽頭クラミジアで数日~の潜伏期間があり、喉の痛みや風邪に似た症状を伴います。

性器ヘルペスでは、2日~10日の期間、発熱、性器周辺の痛み、太もも付け根の腫れなどが見られます。

尖圭コンジローマでは、3週間~8ヵ月の潜伏期間、症状にはカリフラワー状のイボなどです。

HIVでは、2~3週間の潜伏、赤い発疹、風邪に似た諸症状を伴うことがあります。

エイズでは、3~10数年、男女に関係なくありとあらゆる長引く症状を呈します。

 

潜伏期間が特定できないものも

SnapCrab_NoName_2015-7-2_12-30-50_No-00

ここまで見て分かるとおり、性病における発症までの潜伏期間は、男女によって、また病気の種類によって差があることが分かります。

実際に感染したあとでも、自覚症状がなかったり発症しないこともあるので、潜伏期間を特定できないものもあります。

とはいえ、病症がなにもないから安心できるというわけではありません。病症が表に現れないだけで、実際には進行して重症化させている可能性もあるのです。

よってこうした点を踏まえて、性病に対して適切に対処するためには、次のことを理解しておく必要があります。

一つは、病気の種類ごとに、また男女別に潜伏期間に違いがあることを理解すること。

もう一つは、症状の出方に関係なく、思い当たるフシがあったらすぐに検査を受けてみることです。

性感染症の治療は、早期に発見できればできるほど、治療も簡単なものになります。


関連記事


性病検査キット!自宅で簡単に性病検査しよう

-性病の基礎知識

Copyright© 性病の症状と治療する方法30選 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.